介護支援専門員

logo4.giflogo4.gif

line4.jpg

HOME > 介護支援専門員


syorui_soft.gif


介護支援専門員は、保健・医療・福祉の専門職で、実務経験を有する者の中から 養成するという考え方です。 介護支援専門員になるには、都道府県が行う 「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格し、引き続き都道府県の実施する 「介護支援専門員実務研修」を修了して、認定を受けます。

介護保険制度において、居宅介護支援事業者(ケアプラン作成機関)、 および介護保険施設(特別養護老人ホーム、老人保健施設、療養型病床群等) において、要介護者などの心身の状況に応じた適切な介護サービスが利用できるよう 介護サービス計画(ケアプラン)を作成します。

条   件 実務経験
医療・保健・福祉分野の国家資格取得者 医師/歯科医師/薬剤師/保健師/助産師/看護師/准看護師/理学療法士/作業療法士/社会福祉士/介護福祉士/視能訓練士/義肢装具士/歯科衛生士/言語聴覚士/あん摩マッサージ指圧師/はり師/きゅう師/柔道整復師/栄養士(管理栄養士含む)/精神保健福祉士 5年以上
(1)施設等に必置とされている相談援助業務に従事する者
(2)法律に定められた相談援助業務に従事する者
(3)相談援助業務に従事する者であって、 社会福祉主事任用資格または訪問介護員(ホームヘルパー) 養成研修2級課程に相当する研修を終了した者
(4)その他
5年以上
社会福祉主事任用資格または訪問介護員(ホームヘルパー) 養成研修2級課程に相当する研修を終了した者 5年以上
上記に該当しない者で、介護等の実務経験が10年以上の者 10年以上