福祉の資格

logo4.giflogo4.gif

line4.jpg

HOME > 福祉の資格

title_bar.jpg

shikaku1.gif



福祉に関わる仕事に就くにはどんな資格が必要なのか、 またその内容の一覧です。参考にして下さい。 ※のついている資格は、 クリックするとその詳細にジャンプします)

資 格 内   容
看護師 傷病者等の療養上の世話または診察の補助を行う専門職の国家資格です。 福祉分野の場合、多くは准看護師・看護師免許であっても、 看護の業務に従事することができます。
保健師 「保健師」の名称を用いて保健指導に従事するための国家資格です。 具体的には、赤ちゃんの健診や、家庭訪問、予防接種、 成人の方のいろいろな健診や健康づくりの教室、健康相談や、 お年寄りの健康管理や、家庭訪問など。
理学療法士
(PT/physical therapist)
病院やリハビリセンター、老人ホームや養成校などにおいて、 身体に障害のある人に筋力の増強などの運動療法、温熱 ・電気などを使った物理療法を中心に施し、 日常生活を送るうえで基本的な動作能力の回復を図る、 あるいは苦痛を和らげるなどの治療を行う専門職の国家資格です。
作業療法士
(OT/occupational therapist)
病院やリハビリセンターにおいて、医師の指導のもとに、 身体または精神に障害をもった人に、工作や手芸などの作業、 生活動作の訓練などを通じて、動作の回復や機能低下の予防の手助けや、 社会へ対応できるように心理的援助を行う専門職の国家資格です。
視能訓練士 見る機能(視能)に障害をもつ人に、 機能回復のための視機能検査と視能矯正訓練を行う専門職の国家資格です。
義肢装具士 何らかの障害で失った手足の機能の代わりをする義肢、 コルセットなどの治療を目的にした装具を製作し、 利用者が日常生活を送るうえで必要な機能の回復を図り、 社会復帰を促進するリハビリテーションを行う専門職の国家資格です。
言語聴覚士 何らかの原因で言語障害や難聴、失語、言語発達遅滞などの言語 ・聴覚の障害をもつ人に対し、専門的な訓練・指導を行い、 機能回復や障害の軽減を図る専門職の国家資格です。
精神保健福祉士 精神障害者の保健や福祉についての専門知識・技術に基づき、 精神障害者の社会復帰についての相談援助を行う専門職の国家資格です。
栄養士 学校、保険所、福祉施設などで栄養の指導を行います。 都道府県知事の免許を取得するためには、厚生労働大臣から認可された養成施設・学校を卒業することが必要です。
管理栄養士 栄養士の資格があることが前提の、より高度な内容の国家資格です。傷病者に対する療養のため必要な栄養の指導や、個人の身体の状況、栄養状態等に応じた高度の専門知識及び技術を要する栄養の指導などをおこないます。
介護福祉士 高齢者や障害者の介護を行ったり、家族などの介護者に指導や助言をする人の国家資格。高齢者や身障者の食事・入浴・排泄などの直接介護を行ったり、その人やその家族の介護者に介護に関する相談や指導を行います。(別名ケアワーカーとも呼ばれます)
社会福祉士 社会福祉業務に携わる人の国家資格です。専門的知識及び技術をもって、身体上もしくは精神上の障害があること、または環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導その他の援助を行います。
介護支援専門員
(ケアマネージャー)
居宅介護支援事業所や介護保険施設において、介護の必要な人や家族からの相談に応じ、利用者の心身の状況に応じた適切な介護サービスが利用できるようケアプランを作成し、市町村や居宅サービス事業者、介護保険施設などの調整を行います。 都道府県の公的資格で、資格の取得のための受験には一定の専門資格と5年ないし10年の実務経験が必要です。
ホームヘルパー 心身に障害があって日常生活が困難な高齢者や障害者を抱える世帯に派遣されて、入浴介護、身体の清拭、洗髪などの介護サービスや、調理、衣類の洗濯、清掃などの家事援助をサービスをする専門職。
社会福祉主事 福祉サービスを必要としている人の相談相手となり福祉六法に基づいて援助、育成、更正などを決定し、これらに関する事務を行います。厚生労働大臣の指定する養成機関または講習会の課程を修了すると取得できます。
福祉住環境コーディネーター 高齢者や障害者のいる家庭の住宅設計やリフォームに関する相談を受け、 建築・医療・福祉などの各分野の専門家と連携をとりながら 住みやすい住環境を提案したりアドバイスをしたりします。 東京商工会議所の検定試験に合格すると資格を取得できます。
臨床心理士 心の悩みや問題を軽減したり解決するために、 臨床的な心理学の技法を用いて心理療法を行う専門資格です。
調理師 調理の業務にあたる者の専門資格です。社会福祉施設においては、栄養士の作成した献立に基づき、入所・通所・訪問の利用者のための実際の食事づくりにあたることになります。