あったかエピソード

logo4.giflogo4.gif

line4.jpg

HOME > あったかエピソード

title_bar.jpg



「野球大会」  北海道 デイサービス勤務 男性



9月に秋田県で行われた、早起き野球大会の全国大会に札幌から参加しました。
秋田県までの道のりは、千歳空港~仙台空港~高速を300㌔走り行きました。
初めは何も気が付きませんでしたが、レンタカーを借りる際に
店舗窓ガラスに青い線が付いていました。
何かと思うと「ここまで津波がきました」と表記がありました。
その高さは205センチ。
当時は仙台空港も津波の被害にあったテレビ映像を見た記憶がよみがえって来ました。
流石に写真を撮る勇気も無く、その後直ぐに秋田へ向けて出発しました。
到着した夜に全国大会に出席するチームの交流会があり、
大会関係者で大盛り上がりでしたが,チーム紹介になると空気が変わりました。
東北6県から6チーム参加していましたが、その中でも宮城県代表のあるチームの挨拶が
とても印象的でした。
チームメートが津波の被害にあったそうです。
しかも家を建てている時に流されてしまったそうです。
津波は人だけではなく、一生懸命に建てている家まで奪い、
生きていた証を壊していきました。
絶望の中唯一の救いは、仲間からの生存していると言う連絡だったそうです。
食事は喉も通らず、生きていく希望も無くなりかけていた中で、
家族や仲間の存在はとても大きいものだったのでしょう。
色々な支援物資にも大きな感謝をしていました。
私の職場はグループホームとデイサービスが同じ建物にありますが、
私が今回感じたことはグループホームもデイサービスもみんなで協力しなければ
何も出来ません。
まして同じ建物にいる仲間です。
みんなで協力し、素晴らしい施設を作っていきたいと思います。
ちなみに成績はベスト8で優勝チームに負けてしまいました。